埼玉県草加市青柳の地域密着の福祉・医療搬送 福祉交通グループ 福祉・介護タクシー 福祉交通 あおやぎ

福祉・介護タクシー 福祉交通あおやぎ0120-916-834


事業内容

患者等搬送型 福祉介護タクシー公共交通機関を利用しての移動が困難な方々の足として、地域密着型の移送サービスを行います。 車イスやストレッチャーに乗ったままの状態でご乗車頂けます。 移動料金は、関東運輸局認可のタクシーメータ料金にて提供しています。

病院・介護施設への通院、入退院、転院ドアtoドアのサービスだけではなく、ベッドからベッドへの移乗、階段介助も承ります。
車イスでの移動だけではなく、寝たきりでの転院や帰宅にはストレッチャー、体位の不安定な方や長距離移動にはリクライニング車イスを用意しています。
車内はもちろん、標準車イス・リクライニング車イス・ストレッチャーともに酸素ボンベ・点滴架台対応ですので、院内での移動もスムースです。
特に長距離移動を安心して快適にお過ごし頂ける様に、車内には吸引器・ 高品質高出力型100V電源も用意しています。
ご自身や病院等用意の医療器具などの持ち込みにも対応致します。
必要に応じて付添看護もご相談に応じます。

お墓参り・買い物・食事会・旅行・冠婚葬祭ご出席病院関係だけではなく、レジャーにも対応します。 ご家族とご一緒に公園散策やドライブ、旅行、結婚式出席の送迎などにもお使い頂けます。
当方は大型車両の為、広い車内は、車イス2台を含む最大6名様まで乗車可能です。 多人数でご利用されればとても安上がりです。
時間指定での送迎、リクライニング車イス貸出、承ります。
ご要望があれば、旅行プランのご相談にも応じます。バリアフリーの整ったお宿のアレンジ、旅先のコーディネートも致します。
ご旅行中のご家族の負担を減らし、より楽しんでいただくために、 旅行添乗員経験豊富なヘルパーの同行も承ります。

事業認可 関東運輸局認可:関自旅二第382号
所在地:埼玉県草加市青柳4-12-8
電話:048-971-9606

営業エリア 埼玉東部地域(草加市・越谷市・吉川市・八潮市・三郷市) および、埼玉県内を乗降地とする全国内 (参考:当事業所より半径25km圏)
地図
代表者紹介
二宮 隆之(にのみや たかゆき)
ホームヘルパー2級・消防庁認定患者等搬送事業適任者
一般社団法人福祉事業振興会 正会員

1965.1.1 越谷市生まれ 草加市青柳に2002年より在住

<略歴>
県立越谷北高校卒業後、レコーディングエンジニアを目指して音響の専門学校に入学するも卒業・就職を控えた半年前に学校閉鎖。
アルバイト先であったレーザライトショウの会社に入社。
エンジニアとして19年9ヶ月を過ごし、40才を迎えると同時にITネットワークエンジニアとして異業種転職。
その3年後、人材ビジネス業界に興味をおぼえ、キャリアカウンセラー・コンサルタント資格を取得するものの43才にて再度の未経験業界への異業種転職活動は険しく、同時に雇われない働き方・自営への道の興味も高まって行った。
さまざまな業種での自営独立を検討したが、ビジネスとしての将来性、開業のし易さ、自分の中の正義感等を考慮し、介護タクシー開業を決意。
....という感じで、福祉精神や社会的貢献意識も乏しく、普通2種免許とホームヘルパー2級を取得し開業準備に取り掛かりました。
初秋より東京の同業者のところで修行(?)させてもらっているうちに、そんな私でさえ、この仕事の社会的存在意義を強く感じ、さらには、お金を頂きながらもお客様から感謝されるという非常にやりがいのある仕事だという思いが強くなって行きました。
日本最後の3K(きつい、汚い、給料安い)と言われる福祉業界ですが、就労者の善意に頼った就労環境や待遇では、労働力はもっともっと減り、この国の福祉は崩壊するんじゃないかという危機感を持っています。
それを救うひとつの手立ては、ひとが羨む成功事例としてのビジネスモデルがあるでしょう。
介護タクシーはまだ歴史も浅く産業としても未成熟であり、逆な見方をすれば、成功のチャンスに恵まれているビジネスであるとも取れます。
同業の世代の中で、私はまだ若い部類のようなんですが、もっと若い20~30才代の人が憧れる仕事になってほしいものです。
「社会貢献」という単語は結果として付いてくるものだと思っています。